Message/代表メッセージ 仕事は夢を叶えるための手段。社員には明確なビジョンを持って欲しい。

「アミューズメントから人生の終焉まで」をコンセプトに、人生の楽しみを総合的にプロデュースする弊社では、すべての人を幸せにするという概念から「従業員とそのご家族が幸せを感じられる会社づくり」を念頭に置いた採用活動を行っています。この会社で私が社員に求めるのは、明確な夢や目標をもつこと。それを叶えるための手段として仕事に取り組めば、社員は自然と成長し、その結果として会社も豊かになると考えています。

弊社に入社した暁には、仕事を通して自分の幸せはもちろん、人の幸せも実現できる思いやりのある人間に成長

竹中靖人の写真

して欲しいと思っています。自分がされて嫌なことは人にしない、自分がされて嬉しいことは人にもしてあげる―。幸せをわかち合うことに喜びを感じてもらうことができれば、きっと自己実現にもつながるはずです。

今後、グループを加速度的に発展させていくためにも、我々の想いを継承していただける人材を5~10年かけてじっくり育成したいと思っています。

統計学的には2050年まで高齢者数は増え続けるため、この業界のマーケットは拡大の一途をたどるでしょう。弊社では高齢者の暮らしをトータルにプロデュースするサービスを展開していますが、時代のニーズに合わせて

代表取締役 竹中靖人 Yasuhito Takenaka

事業領域をさらに拡げていきたいと考えています。これは、社員にとっても大きな飛躍のチャンスだと言えるでしょう。

目的や目標がないと、人間はなかなか動けないものです。生活を営むためだけでなく、夢や目標のために仕事をしたいとお考えの方は、ぜひ、弊社の門を叩いて欲しいと思います。

Interview/インタビュー

ART DO VIVRE/株式会社アート・ドゥ ビブレ

PROFILE 株式会社アート・ドゥ ビブレ 営業 板野 真樹 Masaki Itano 2011年入社

お客さまと喜びをわかち合える仕事。

板野 真樹の写真

介護保険を利用した福祉用具のレンタル・販売などを手がけるアート・ドゥ ビブレで、福祉用具を提案する営業を担当しています。この仕事のやりがいは、高齢者の生活そのものを変えられること。世間では私たちのことを福祉用具の宅配業者と思っている方も少なくありませんが、この仕事はそんな単純なものではなく、日々の暮らしで困っておられる高齢者の方々に新しい環境と新しい生活を提供できる社会的価値のある仕事だと思っています。

たとえば同じ車いすでも、ご提案やご説明の仕方ひとつで、お客さまの暮らしに大きな差が生まれることがあります。基本的に福祉用具は医師の指示に沿って選ぶのですが、一人ひとりのお客さまに生活の違いやクセがあるので、ひとつの福祉用具がすべての人にぴたりと合うという訳ではありません。福祉用具は、言わばその人の体の一部になるものなので、選定にはかなりの繊細さが要求されますし、身体状況や生活環境に合わせて最適な福祉用具を選ぶことで、暮らしが劇的に改善することだってあるんです。

一人ひとりのお客さまの声を聞き、福祉用具を通して新たな暮らしを提案し、お客さまと喜びを共有できる―。それが、この仕事の醍醐味だと思っています。社会にも貢献できて、自分の生活も豊かになる。アート・ドゥ ビブレの仕事は、そんな仕事だと思っています。この仕事に興味を持たれた方は、ぜひ一緒にグループを盛り上げていっていただきたいです。

  • 募集要項(新卒)
  • 募集要項(中途)

WELLBEING/株式会社ウェルビーイング

PROFILE 株式会社ウェルビーイング 営業 北 晃一 Kouichi Kita 2002年入社

心の支えになる、福祉用具を届けたい。

北 晃一の写真

福祉用具の清掃を手がけるウェルビーイングは、言わばグループの「縁の下の力持ち」のような存在。グループ企業がご提供する商品の品質を、いかに維持・管理できるかが最大のミッションです。そのため、安全であることはもちろん、清潔でキレイな福祉用具をいつでもご提供できるよう、メンテナンス・管理を徹底しています。

福祉用具は暮らしを身体的にサポートするものですが、時には高齢者の心の支えにもなります。たとえば、「今は体調が悪くて無理だけど、いつかは以前のように外出したい」と思っておられる方にとっては、福祉用具がそこにあるだけで、それが希望の光になることがあるんです。だからこそ、高齢者の自立意欲を後押しし、メンタル面からサポートできるような高品質な福祉用具を提供したいと考えています。将来的には、弊社の商品を一般の介護・福祉業者にも広く利用していただき、業界全体の福祉用具のクオリティを上げていきたいと思っています。

ウェルビーイングはケアサプライ事業を手がける会社ですが、グループ企業のメリットを活かしたさまざまなキャリアアップが用意されています。管理業務へステップアップしてひとつの道を追求するもよし、介護営業や施設運営といったグループ企業の仕事へ進むもよし、自分の可能性を信じてチャレンジして欲しいですね。月並みですが、失敗してもいいんです。環境は整っていますので、若い人には自分の夢に向かって邁進して欲しいですね。

  • 募集要項(新卒)
  • 募集要項(中途)

現在、募集はしておりません。

HAPPINESS SUPPORT/株式会社はぴねすさぽーと

PROFILE レガロアコンフォート大分中津 施設長 富嶋 真理 Mari Tomishima 2014年入社

目指したのは、感動品質のおもてなし。

はぴねすさぽーとが運営する有料老人ホーム「レガロアコンフォート」で、施設長を務めています。「誰もが癒される究極の空間 ~すべての人が感じる幸せ~」というコンセプトを基に、施設スタッフと協力しながら、すべてのお客さまに感動していただけるサービスを目指して業務に励んでいます。高齢化にともない介護施設の需要は高まってきていますが、まだまだ入居を待つ高齢者の方も多く、社会が時代のニーズに応えきれていない実情があります。そうした時代背景のなか、快適な住環境と上質なサービスを低価格でご提供する、新

集合写真

しいカタチの老人ホームとして誕生したのがレガロアコンフォートです。

私たちが目指したのは、入居者はもちろん、そのご家族にも幸せを感じていただける老人ホーム。大切なご家族を安心してお預けいただけるよう、すべてのサービスにこだわりました。高齢者にとって大きな楽しみのひとつである食事は、複数のメニューからお好きなものが選べるレストランスタイルを採用。多くの時間を過ごす居室やロビーには、上質な室内空間を演出。もちろん、安全で安心の住空間をつくるために先進の介護システムも完備しています。そして、なによりも大切なホスピタリティにおいては、一人ひとりのお客さまのご要望に耳を傾け、心に寄り添ったサービスを実践することで、感動品質のおもてなしをお届けしています。

お客さまに安らぎをご提供し、ともに喜びを共有する。これこそが、この仕事のやりがいだと思っています。弊社には、さまざまな仕事がありますので、私たちの想いに共感していただける方は、ぜひ一緒に頑張っていただければと思います。

  • 募集要項(新卒)
  • 募集要項(中途)

現在、募集はしておりません。